このサイトの目的

サイトに来ていただいてありがとうございます。
サイト管理人をしている歯科衛生士のシホと申します。

 

「歯のホワイトニングってどんな方法があるの?」
「ホワイトニングって安全なの?いくらかかるの?」

「一番手軽で安上がりな方法は?」

このサイトではそんな歯のホワイトニングに関する疑問を解決できる情報をお届けしています。

ここ数年、歯のホワイトニングはとても身近になり、私が働く歯科医院でもホワイトニング相談に来る人が増えています。

ただ、もちろん歯医者さんもビジネスです。
歯医者で働いていると、歯医者でのホワイトニングしかオススメしないことがほとんどです。

でも…
本音を言うと、安易に歯医者のホワイトニングを受けないで欲しいんです。

永久歯は一本しか生えない一生モノ。

だからこそ、色々なホワイトニングのメリット・デメリットを理解した上で、最善のホワイトニングを利用してほしい。

そんな想いでこのサイトでは、
20年近く複数の歯医者で働いてきたからこそ分かるホワイトニングの実情を踏まえて解説していきます。

まず知ってほしい。もともと歯は少し黄色いもの

歯の構造、エナメル質と象牙質

まずホワイトニングを検討する前に理解してほしいのは、歯は元々生まれつき少し黄色いということです。

歯の構造は上図のように外側からエナメル質・象牙質・神経と層になって出来ています。

エナメル質は白く半透明で、象牙質は黄色っぽい色をしています。
半透明なエナメル質に透けて象牙質が見えているので、元々真っ白ではなく若干クリーム色っぽく見えるのが普通ということです。

そして象牙質の色の濃さとエナメル質の厚さは個人差があるので、生まれつきの歯の色にも個人差があります。

vita-shade-guide日本人平均

分かりやすく歯医者で使用するシェードガイドで見ると、A2~A3の間が日本人の平均的な歯の色となります。

逆に言うと、それよりも右側の歯の色になっている場合には、歯の黄ばみ・着色が起こっていることになります。

 

歯に着色が起きる原因

様々な着色料や食材があふれる現代では、ほとんどの人は少なからず歯の着色が起きています。

歯の着色とは「歯のエナメル質に色素成分が沈着すること」です。

ここでは歯の着色が起こる原因を簡単にまとめます。
原因や防ぎ方の詳細の説明は各リンク先で解説しています。

コーヒーや紅茶で歯が黄ばむ理由と対処法

コーヒーや紅茶による着色

コーヒーや紅茶に含まれるタンニンという着色成分がエナメル質に吸着して歯が徐々に黄ばんでいきます。


ビールによる歯の黄ばみの原因と予防法と落とし方

ビールやコーラなど炭酸飲料による着色

口の中が酸性になるとエナメル質が溶け出す脱灰が起こり始めます。
脱灰が起こる酸性度はPh5.5以下ですが、炭酸飲料はPh4.0です。
脱灰が起こると歯の色素沈着はどんどん進行していきます。


赤ワインの飲みすぎによる歯や歯肉の黄ばみや黒ずみ

赤ワインのポリフェノールによる着色

赤ワインは舌や歯茎にも着色するほどの濃く強い色素を含んでいます。
健康に良いと言われているポリフェノールやアントシアニンもその色素の一つです。


タバコのニコチンによる歯の黄ばみやヤニ着色の落とし方

タバコのタールによるヤニ黄ばみ

タバコの煙に含まれる真っ黒なタールがエナメル質に吸着することで、歯が黄色く着色し、徐々に茶色っぽくなっていきます。
喫煙によって肺が真っ黒になっていくのと原理は同じです。


歯の黄ばみや黒ずみなどの着色を防ぐ食生活について

歯に着色しやすい食材まとめ

例えばカレーに含まれるウコン、チョコレートやほうれん草、ナッツ類などなど歯の着色を引き起こす食材は色々とあります。


 

以上のように、歯の着色を引き起こす原因のほとんどは食生活によるものです。

タバコ以外は着色原因を生活から取り除くことはほとんど不可能といっていいでしょう。

歯のホワイトニング方法一覧

エナメル質に色素沈着してしまった歯を白くするホワイトニングには実は色々な方法があります。

歯医者のオフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・美容サロンのホワイトニング・ホワイトニング歯磨き粉などが主な方法です。

ここでは各方法を簡単に解説して比較してみます。

オフィスホワイトニング

歯医者のオフィスホワイトニング

歯科医院で施術をするホワイトニングです。
薬事法で劇薬指定されているオキシドールという化学薬剤を使用する歯の漂白です。

元々の白さ以上に白くすることができますが、虫歯になりやすくなったり、着色しやすくなったりと歯へのダメージがあります。


ホームホワイトニングの料金相場

歯医者のホームホワイトニング

歯科医院で診察をしてホワイトニング薬剤を処方してもらい、自宅で施術をするホワイトニングです。
劇薬指定のオキシドールを使用するため歯科医師の処方が必要です。
こちらも歯へのダメージが懸念されるホワイトニング方法です。


ホワイトニング用歯磨き粉やジェル

歯科医学の進歩によって最近はホワイトニング効果のある歯磨き粉が市販されるようになりました。
歯へのダメージが無く、気軽に自宅で歯のホワイトニングをすることができます。
ただ、効果のある商品の選び方が難しい、効果が出るまでに1ヶ月弱かかるのがデメリットです。


歯のホワイトニングサロンの解説。メリット、デメリットや相場価格

美容エステやサロンのホワイトニング

最近街中で多く見かける美容エステやホワイトニングサロンです。

口の中に施術ができるのは法律上、歯科医師と歯科衛生士だけですので、これらのホワイトニングは客が自分で施術を行うことで法律をくぐり抜けています。

実際使用している薬剤やホワイトニング効果は、ホワイトニング歯磨き粉やジェルと同じです。

 

ホワイトニング方法の比較

  オフィス
ホワイトニング
ホーム
ホワイトニング
美容サロン ホワイトニング
歯磨き粉
ホワイトニング効果 元の白さ以上 元の白さ以上 元の白さ  元の白さ
効果が出るまで 1~2週間 2~3週間 3~4週間 3~4週間
白さ持続期間 6ヶ月 6~12ヶ月 1~2ヶ月 1~2ヶ月
※使用を続ければ永続
施術の痛み
歯のダメージ
手軽さ
価格 2~5万円 2~5万円 3,000~
5,000円/1回
3,000~
5,000円/月

美容サロンやホワイトニングバーなど街中のホワイトニングは、使用成分などがホワイトニング歯磨き粉とほぼ変わりません。
ホワイトニング効果も同じ程度ですので、価格面や手軽さからメリットはあまり無いと言えます。

 

まずは手軽で安全なホワイトニング歯磨き粉がオススメ

歯科医院でのホワイトニングは、元々の歯の白さ以上の白さに出来るのがメリットです。

一方で、保険適用外のため価格が高いことと、不自然な白さになって後悔する可能性、歯へのダメージなどがデメリットです。

ですので、冒頭でお話したように、歯医者で働く従業員としてはオススメするのですが、家族や友人には安易にオススメしづらいのが本音です。

歯の黄ばみや着色が気になっている方には、まずは歯磨き粉やジェルでのホワイトニングから始めるのを強くオススメします。

ホワイトニング歯磨き粉がなぜ効果があるのか

ホワイトニング歯磨き粉は昔からドラッグストアなどで多数の商品が安く販売されているのですが、実際のところあまり効果が無いものが多いです。

しかし、最近の歯科医学の進歩によって、一部のホワイトニング歯磨き粉やジェルには、しっかりとホワイトニング効果があるものが販売されるようになってきています。

パールホワイトPro EX プラスのホワイトニング効果

特に、メタリン酸や二酸化チタン・ポリリン酸・リンゴ酸・ポリアスパラギン酸などの成分を十分な濃度で含んでいるものは、エナメル質に沈着した黄ばみやステイン、タバコなどのタール油などを浮かして除去する効果があります。

 

薬用トゥースメディカルホワイトEXの特徴、徹底評価

これらの成分が十分な濃度で配合されている歯磨き粉やジェルは、古い十円玉に沈着した汚れや着色をピカピカにするほどです。

同じように歯のエナメル質の着色も除去して、元々の歯の白さに戻してくれます。

歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉ランキング

歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉ランキング

ホワイトニング効果があるといわれている歯磨き粉は非常に沢山販売されていますが、本当に効果がある成分が適切な濃度で配合されている商品は限られています。

ここでは歯科衛生士としての仕事の勉強や研究を兼ねて、効果が高いと評判なホワイトニング歯磨き粉を自費で購入して成分や実際の効果を比較してみました。

その中で、歯を白くする効果の高さ、料金、その他の効果(着色予防・虫歯予防・歯周病予防)を総合しておすすめランキングにしました。

 

  1. ホワイトニング歯磨き粉ランキング1位 ちゅらトゥースホワイトニング

    1位:ちゅらトゥースホワイトニング

    価格 4.0
    使用感 4.5
    効果 5.0
    価格:
    3,980円(税込)
    容量:
    30ml (1ヶ月分)

    ちゅらトゥースホワイトニングは、医薬部外品のホワイトニング用歯磨きジェル。
    黄ばみや着色をしっかり除去するポリアスパラギン酸リンゴ酸を高濃度で配合しています。

    またビタミンや薬用成分を同時配合することで、磨けば磨くほど歯茎が健康になってピンク色の歯茎になっていきます。

    管理人のレビュー

    厚生労働省認可の医薬部外品なのでホワイトニング効果はお墨付きです。

    実際に私も購入して使用してみましたが、爽快な使い心地で1ヶ月も使用すれば歯が白くなっていくのを実感できました。

    価格は数百円程度、他の商品よりも高めですが、ポリアスパラギン酸が多く配合されている効果の信頼性と安全性を考慮してランキング1位としました。

    写真つき商品レビューを見る

    商品詳細を見る

  2. ホワイトニング歯磨き粉ランキング2位 ブラニカ Blanica

    2位:ホワイトニングジェル ブラニカ(Blanica)

    価格 5.0
    使用感 4.0
    効果 4.0
    価格:
    2,430円(税込)
    容量:
    30ml (1ヶ月分)

    ブラニカはホワイトニング効果のあるポリリン酸ピロリン酸が配合されていて、長年の食べ物による着色やタバコのヤニなどしつこい着色をしっかり除去する効果があります。

    またハイドロキシアパタイトを配合していることで、歯の表面をコーティングすることで虫歯や着色の予防をすることができます。

    管理人のレビュー

    ブラニカも私が実際に購入して2ヶ月ほど使用してみました。
    他の歯磨き粉に比べてクリーミーな泡立ちが多く、口の中が泡泡するので好き嫌いがある使用感かもしれません。(私は気になりませんでしたが)

    ちゅらトゥースホワイトニングに比べて、若干ホワイトニング効果が落ちる印象がありましたが、ハイドロキシアパタイト配合なので着色予防に長けています。

    歯医者でのホワイトニングやちゅらトゥースでのホワイトニングの後に、白さを保つためにブラニカを使うのもオススメです。

    写真つき商品レビューを見る

    商品詳細を見る

  3. ホワイトニング歯磨き粉ランキング3位 Pearl White Pro EX+

    3位:パールホワイトPro EX

    価格 3.0
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    初回:3,240円、2回目以降:6,480円(税込)
    容量:
    30ml (1ヶ月分)

    歯のホワイトニングジェル「パールホワイトProEX」は、歯のホワイトニング効果がある「メタリン酸ナトリウム」「ポリリン酸ナトリウム」「リンゴ酸」の3つを配合しています。

    さらに薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が歯周病菌に作用します。

    歯周ポケットにも浸透して殺菌してくれるので、歯周病予防や炎症の改善が期待でき歯茎の健康を促しピンク色で健康な歯茎にしていくことが出来ます。

    管理人のレビュー

    パールホワイトPro EXは私も実際に購入して使用してみましたが、ホワイトニング効果の高い3成分をしっかりと高濃度で配合しているため、歯を白くする効果はとても高いです。

    また歯科医でも利用する薬用成分も配合されているので、歯茎や歯肉も使うごとに健康になっていくはずです。

    ただ大きなネックが価格ですね。
    初回はちゅらトゥースやブラニカと同じくらいですが、2回目以降から倍くらいの値段になってしまいます。

    効果こそ高いものの、ホワイトニング歯磨き粉は使い続けると白さが維持できるのが大きなメリットなので価格面を考慮して3位としました。

    確かな効果を得たくて予算に余裕のある方にオススメです。

    写真つき商品レビューを見る

    商品詳細を見る

 

お悩み別のオススメホワイトニング方法

芸能人のような白い歯にしたい。

芸能人は視聴者から見られることを生業にしているプロです。
特にモデルやアイドルなどは見た目が非常に重要なので、お金をかけて美容整形やホワイトニングをしています。

芸能人のように元々の歯の白さ以上に白くしたい場合は、歯科医での漂白剤を使ったホワイトニングをするしかありません。

下記の記事を参考にしてみてください。

⇒歯医者のオフィスホワイトニングの相場料金と効果、メリット・デメリット

⇒ホームホワイトニングの相場料金と効果、メリット・デメリット

ウェディングなど緊急で一時的に歯の黄ばみを隠したい

結婚式や大事なお見合いの直前など、通常のホワイトニングをするには時間が足りないから、一時的に歯の黄ばみを隠したい場合にオススメなのが歯のマニキュアです。

爪のマニキュアのように、数日間だけ歯を白く塗ることができる商品が販売されています。

⇒参考:歯を白く塗るマニキュアの効果とメリット、デメリット

ホワイトニング後に白さをなるべく長く維持したい

歯医者や美容サロンでのホワイトニングでせっかく白くした歯も、時間が経つとどうしてもまた黄ばんできてしまうものです。

そんなときに歯の白さを長く維持するには、ホワイトニング用歯磨き粉を使用するのがおすすめです。

テトラサイクリン歯や神経が無くて黄ばんだ歯を白くしたい

テトラサイクリン歯や神経を抜いて変色してしまった歯は、歯医者の漂白ホワイトニングであっても、ホワイトニング歯磨き粉であっても白くすることは難しいです。

そういった特殊なケースでは、ラミネートベニアなどの被せ物で歯を白くする方法もあります。

参考:ラミネートべニアによる歯のホワイトニングを解説。相場料金と効果、メリット・デメリット

オススメ出来ないホワイトニング方法

意識して街を見ていると、世間には歯のホワイトニング商品で溢れかえっています。

中には歯科医学の観点からオススメできないホワイトニング方法や商品もあります。

歯の消しゴムを使ったホワイトニング

Amazonや薬局で数百円で売っているため試してみたくなるのですが、歯の消しゴムはホワイトニング効果が無い上に、歯のエナメル質を傷つけて着色を進行させるのでやめておきましょう。

参考:歯の消しゴムを使ったホワイトニングの効果とメリット、デメリット

海外から個人輸入したホワイトニング商品

アメリカなどでは、過酸化水素(オキシドール)を配合した商品が市販されています。

ホワイトニングテープやホワイトニングペンなどもそのうちの1つです。

過酸化水素は日本の薬事法では危険薬剤に指定されているので配合された商品は日本では市販されていないのですが、個人輸入であればアメリカから購入することが出来ます。

しかし、オキシドールは歯や歯茎へのダメージが大きく、虫歯になりやすくなったりしますし、無カタラーゼ血症といった禁忌症を持つ使用してはいけない人もいます。

危険なので個人輸入でアメリカのホワイトニング商品を購入するのはやめておきましょう。