人間が生きる上で欠かすことの出来ない食事。

最近では健康志向の高まりや、スポーツに興じる人が増加している背景から、カラダに良いとされる飲食物が人気のように感じられます。1杯の「黒酢」、ビタミン豊富な「フルーツ(ジュース)」、抗酸化作用が注目を浴びる「ワイン」、偏食打破の起爆剤である野菜には、「ドレッシング」があると食事もはかどりますよね。

ほかにも運動で気持ちよく汗を流したあとに、ゴクゴクと飲みたいスポーツドリンクなら「クエン酸」で疲労回復効果を狙いたいところでしょうか。

実はいま挙げた食事には、酸が含まれています。

この酸などの存在は口内に影響を及ぼすこともあるそうで、歯の表面を形成するエナメル質を、一時的にではありますが、柔らかくしてしまうことがあるそうです。

そんな状態の時にギリギリと歯ぎしりをしたり、歯磨きをするとエナメル質が削られてしまい、摩耗するとのことです。

それを「酸蝕歯」(さんしょくし)と呼びます。ちょっと怖い言い方をすれば歯が溶けるということです。

酸蝕歯を誘因する可能性のある人とは?

  • 仕事柄、酸を取り扱う
  • 炭酸飲料が好き
  • 水代わりにスポーツドリンクを飲んでいる
  • ワインやビールなどを寝る前に毎日のように飲んでいる
  • 柑橘類のフルーツが好き
  • 野菜ジュースが好き
  • 梅干しが好き

などの人は、酸蝕歯になりやすいと言えます。

酸蝕歯のリスクとは?

歯の表面であるエナメル質がゴリゴリと削られ、その下にある象牙質が露呈しては、様々な口内トラブルが生じてしまいます。歯に厚みがなくなり薄くなってしまったり、歯がやせ細る、虫歯ができやすいなど、手放しで歓迎できるような相手ではなさそうです。

知覚過敏

酸蝕歯の初期症状として見られる代表的な知覚過敏。熱いもの、冷たいものを口に含んだ際に、ズキンとしみてしまうというやつですね。症状が進めばその度合も強まることでしょう。

歯が黄ばむ

これも酸蝕歯ならではの症状のひとつだそうです。さらに症状が進行してしまうと色味が濃くなり、茶色っぽく見える場合もあるそうです。

実は嘔吐やつわりも酸蝕歯の原因

食べ物ばかりがフォーカスされる酸蝕歯ですが、実はよく嘔吐する人も、症状を招きやすいようです。

一体どこに酸が含まれているのかといえば、胃袋にある胃酸がその正体です。

おそらく食べ物に含まれるものより、ずっと強い酸性と思われるため、嘔吐を頻繁に繰り返している人ほど、酸蝕歯に至りやすいのかもしれません。

妊娠中に歯が黄ばんだという方がいますが、妊娠が直接的に歯を黄色くするわけではなく、つわりによる酸蝕歯が原因となります。

まとめ

カラダに良い、健康に良いとされてきた、健康志向な飲食物をはじめ、現在の飽食を支える嗜好品たち。実は身体にエネルギーを供給してくれていたのかもしれないけど、口内では恐ろしい働きをしているという可能性を指摘された酸蝕歯の影。場合によっては常用を控えなくてはいけないかもしれません。気になる方は歯医者にGo!というところでしょうか。