産後の歯の黄ばみに悩む女性のためのホワイトニング講座

こんにちは!歯科衛生士として歯医者に勤めるシホです。

インターネットなどでよく見かける悩みに、「出産後に急に歯が黄ばんできた」というものがあります。
私が勤める歯科医にいらっしゃる患者さんの中にもいらっしゃいますし、意外にこういった悩みを持つ人は沢山いることだと思います。

妊娠が原因で歯の黄ばみが出来るということはあるのか、授乳中の赤ちゃんに悪影響のないホワイトニング方法について解説していきます。

妊娠で歯が黄ばむの?

歯科医療従事者側の見解として結論から言うと、妊娠が直接原因で歯が黄ばむことはありえません。

一般的には歯が黄ばむ原因としては、飲食物からの着色やタバコのヤニ、加齢などが挙げられます。

したがって妊娠中に歯に着色が起こる考えられる原因としては下記のようなものが考えられます。

  • 妊娠で食べ物の好みが代わり着色成分を多く含むものを食べるようになった
  • 出産後の安心で紅茶やコーヒーを飲むようになった
  • フルーツやほうれん草など歯への着色をつきやすくする食品を好んで食べていた
  • つわりによる胃酸の逆流で歯の表面が脱灰(溶けて)して色素が沈着した
  • 赤ちゃんへの栄養が優先された結果のカルシウム不足や加齢から、歯のエナメル質が薄くなり内部の象牙質の色が濃く見えるようになった

妊娠が直接的な歯の黄ばみの原因ではなく、このような外的な要因が大きく影響していることが考えられます。

 

産後は歯医者や美容サロンのホワイトニングはNG

産後は歯医者や美容サロンのホワイトニングはNG

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに悪影響がありそうなことや不安なことは避けたいものですよね。
でも出産が終わって一段落すると、やはり自分の美容ケアも気になるものです。

妊娠中に歯の黄ばみが気になっていた人は、出産が終わってキレイな白い歯になりたいと願う人も少なくありません。

確かに歯科医院で受けるホワイトニング剤には、過酸化水素のような劇物指定の薬品が含まれているので、授乳中の人は母乳にこういった成分が混じってしまう可能性もあるのでオススメできません。

 

授乳中でも安心な医薬部外品のホワイトニング歯磨き粉がオススメ

授乳中でも安心な医薬部外品のホワイトニング歯磨き粉がオススメ

では、産後ママのホワイトニングはどうすればいいでしょう。

最もおすすめなのが、自宅でできる市販のホワイトニング歯磨き剤やジェルです。

歯科医院で使用するものより穏やかな働きで、安全性も証明されている成分を使用していますので、赤ちゃんへの悪影響も心配ありません。

日本で販売されているものは薬事法に違反する過酸化水素が含まれていませんので、授乳中の人でも母乳に成分が入り込むことはなく、しかも微量で体外へ排出されるので安心です。

厚生省認可の医薬部外品として販売されているホワイトニング歯磨き剤が最も安心できるでしょう。

1ヶ月ほど続けて使うと徐々に歯の表面に付着した色素が浮き上がり取り除かれていくのがわかります。

また商品によっては、ポリリン酸のような着色をつきにくくするためのコーティング作用をもつ成分を配合しているものもありますので歯の着色予防にもなりますし、虫歯にもなりにくくなりますので、産後の赤ちゃんのお世話でなかなか時間をかけて自分のケアができない人にとっては、効果だけでなくこの手軽さも魅力です。

歯科医院で高い費用と時間をかける前に、市販のホワイトニング歯磨き剤やジェルを是非試してみてください。

本サイトでは複数のホワイトニング歯磨き剤をレビューしていますので参考にしてみてください。