歯医者のクリーニング

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロによる機械的歯面清掃の略を表しています。

つまり歯科医師や歯科衛生士が専用の機械や器具を使って歯の表面をクリーニングする治療です。

ここでは歯科衛生士の観点から歯科医院で行うクリーニングについて解説していきます。

PMTCの主な目的と効果

口腔内には非常にたくさんの細菌が住み着いていて、口腔内のさまざまな場所でコロニーと呼ばれる粘液状の棲家を形成しています。

歯の表面に細菌が作ったバリケードのようなもので専門的にはバイオフィルムと呼びます。

PMTCは、このバイオフィルムを取り除くことを主な目的としています。
定期的にバイオフィルムを取り除けば、齲蝕(虫歯)や歯周病の発生を抑制することができます。

しばしばPMTCは歯の表面に付着した着色を除去するホワイトニング目的と誤解されがちです。

しかしPMTCの本来の目的は口腔疾患の予防であり審美性の回復ではありませんので定期的かつ継続的にPMTCは行うことが理想とされています。

歯科医院のクリーニング(PMTC)の施術の流れ

PMTCでは、歯の表面に限らず磨きにくい部位や将来的に齲蝕や歯周病のリスクの高い部位について特に入念にクリーニングを行います。

歯肉縁下(歯周ポケットの中)まで歯垢や歯石の付着が形成を認められるケースもあり、プロのテクニックが要求されます。
PMTCクリーニング施術には下記のようなものを使用します。

染色液

小学生の頃に歯面の汚れを見る赤いタブレットを使用したことがあると思いますが、同様の染色液を使って歯面を染色することで汚れの状態を把握でき、的確なクリーニングを行うことができます。

コントラアングル+各種ラバーチップなどの器具

低速で回転する機器にラバーやプラスティック製のカップやブラシを装着し、クリーニングペーストなどを用いて表面についている歯垢や歯石をクリーニングして除去します。

その際には、頬舌面や咬合面をはじめ、歯頚部(歯と歯肉の境目)や歯肉縁下など通常では患者本人では到達しにくい部位まで可能な限りクリーニングを行います。

クリーニングペースト

研磨剤を含んだ粗目のものから細かい目のもの、仕上げの滑沢化用、コーティング用などさまざまなペーストを使い分けて行います。

順番としては粗いタイプからスタートして細かいもの、仕上げ用という順に行います。

デンタルフロス

器具の届きにくい隣接面にはデンタルフロスを挿入してクリーニングします。

P-MAXやスリーウェイシリンジ

歯周ポケットの中を洗い流すために使用する機器です。この際薬剤で歯周ポケット内の消毒洗浄も行います。

フッ素配合ジェル

最終仕上げに齲蝕予防に効果的なフッ化物を含有したジェルなどを使用してさらに虫歯予防効果を高めます。

歯科医院のクリーニング(PMTC)の効果

PMTCの方法

このように歯科医師や歯科衛生士によって行われるPMTCは、細かな手順を踏んで細部まで丁寧にクリーニングを行います。

PMTCは次のような効果があります。

  • 歯石や着色を除去できる
  • 齲蝕(うしょく)や歯周病を予防できる
  • 口臭が防止できる
  • 歯石や着色が付きにくくなる

特に着色が気になる人にとってうれしいのは、着色をきれいに除去するだけでなく、歯の表面がつるつると滑沢化されることによって色素が付きにくくなるという効果でしょう。

つまり酸による脱灰や細かな傷によって荒れてしまったエナメル質の表面を滑沢化することで、色素が付着しにくくなり黄ばみにくくなります。

歯科医院のクリーニング(PMTC)の料金

前述の通り、PMTCは一般的に齲蝕や歯周病の予防を目的とした診療行為という考え方の下に行われます

健康保険は、病気の治療と管理に対して行われる施術には適用されますが、病気の予防に対しては保険が適用されないというルールがあります。

そのため、歯周病や虫歯がある人がその治療の一環でクリーニングをしてもらう場合であれば健康保険が使えます。

健康保険が適用される場合、2ヶ月に1回、機械的歯面清掃60点が算定されますので、3割負担の方ですと180円という自己負担になります。

 

一方で、一般的に着色除去を目的としたPMTCには健康保険が適用されず自費診療となります。

PMTCの相場を見てみると、通常3,000~5,000円が料金相場ですが、歯科医院によって10,000円を超える料金設定のところもあります。

これは、PMTCで行う処置や使用する機器・材料によっても異なるためです。