歯並びが悪い人のためのオススメホワイトニング方法

歯並びの悪い人は、どうしても着色がつきやすいものです。

特に歯が重なっている部分やくぼんだ部分が黄ばんだり茶色くなってしまったり、出っ歯で唇が閉じにくい人は前歯の先端に着色しやすくなってしまいます。

歯並びの良い人よりも歯が黄ばみやすく、悩んでいる人も少なくありません。

歯並びが悪い人の着色予防とホワイトニング方法について解説していきましょう。

歯並びが悪い人は歯が黄ばみやすい原因

一般的に、歯並びの悪い人は口腔内にさまざまな悩みを抱えていることが多いです。

虫歯になりやすい、歯周病になりやすい、口臭がしやすい、などの悩み以外にも歯が黄ばみやすく白く清潔な歯が失われてしまう傾向があります。

歯磨きがしにくい

歯並びが悪いと歯の凸凹が通常より大きく複雑です。

そのため入り組んだ口の中はとても歯磨きがしにくく、狭い場所や重なっている場所などは歯ブラシがなかなか届きません。

色素が残りやすく、歯に蓄積されて重なってついてしまうため黄ばんでしまいやすくなります。

また歯垢が残りやすいので、エナメル質が溶けてしまいやすく、歯の表面が凸凹になってしまうため、くすんだ色に見えてしまいがちです。

色素成分が停滞しやすい

口の中には、自浄作用といって汚れを自ら洗い流す働きが備わっています。

舌や唇で舐める、繊維質などの食べ物を噛むことによってこすり落とす、唾液が食べかすを洗い流したり腔内を中性に戻したりといった作用のことです。

歯並びが悪く重なった部分では、唾液が行き渡りにくく、色素成分や歯垢が蓄積します。
自浄作用がうまく働かず、色素がそこに残ったままになりやすく沈着してしまいます。

唇が閉じなくて歯が乾燥する

出っ歯は歯が黄ばみやすい

歯並び人で出っ歯などで前歯が通常よりも前に出てしまっている場合、前歯が邪魔をして唇が閉じにくい人がいます。
意識しているときは口が閉じているものの、無意識になったり眠っている時などはどうしても口が開いてしまいます。

このような場合、特に前歯が外気にさらされて乾燥するため、色素が沈着しやすく、黄ばみの原因になります。

 

歯並びが悪い人のための黄ばみ予防方法

歯並びが悪い人のための黄ばみ予防方法

歯並びが悪い人の黄ばみの予防方法としておすすめしたいことを紹介しましょう。

ガムを噛む

キシリトールホワイト シャインミント味

ガムを噛むことで唾液の分泌が促され、口の中に残っている色素成分などを洗い流してくれます。

特にキシリトールガムなどを食べることで、食後に酸性になった口の中を早くもとの正常な状態に戻してくれますので、歯の表面の脱灰を防ぎ色素の沈着を防いでくれます。

ロッテの「キシリトールガム ホワイト」は、残念ながらホワイトニング効果はほとんどありませんが、着色を防ぐという意味では効果があります。

 

色素のつきやすいものを食べたらうがいや白湯を飲む

コーヒー、コーラ、カレーなど色素成分を含んだ食べ物や飲み物を口にしたら、できるだけ早く腔内から洗い流すと黄ばみを防ぐことができます。

可能であれば歯磨きやマウスウォッシュでうがいを、難しい場合でも水でうがいをするようにしましょう。

できるだけ色素の濃い食品は避ける

本末転倒ですが、着色のつきやすい濃い食品を避けることは常套手段ですね。
(でもなかなかそうもいかないのが本音ですが…)

着色しやすい食べ物としては、コーヒー・コーラ・ビール・赤ワイン・カレー・レモンなどがあります。

定期的に歯科医院でクリーニングしてもらう

歯科医院では、PMTCというプロのクリーニングを行っています。

隅々まできれいにクリーニングしてもらえるので、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

ただし、通うための時間調整や費用を考えるとなかなか二の足を踏んでしまう人も少なくないようですし、月一程度ではなかなか黄ばみ予防にはなりにくいですので、やはり日々のケアが大切です。

 

歯並びが悪い人のためのベストなホワイトニング法

歯茎の汚れや着色の改善方法について

歯並びが悪い人は、気を付けていても日常の中に黄ばみの原因となる要因がたくさんあります。

そのため、ホワイトニングをするにしても日常的に使用できて効果を得られるものがおすすめです。

歯並びが悪い人は歯医者やサロンでのホワイトニングはオススメしません

歯科医院で過酸化水素を使用したホワイトニングを受けるというホワイトニング方法があります。

でも、歯並びの悪い人は、施術後に再び黄ばむリスクは高く、そのスピードも速いでしょう。

歯科医院やサロンでのホワイトニングには数万円と比較的効果なため、コスパで考えると、高額なホワイトニングを受けるより日常生活の中で黄ばみを予防できる方法を選んだ方が長期的にもメリットは大きいでしょう。

 

市販のホワイトニング成分を含んだ歯磨き剤やジェルを使用する

市販の製品の中にはホワイトニング効果を持たせた商品が販売されています。

色素を浮き上がらせて取れやすくする成分が入っているので、歯を痛めることもありません。

ただし、研磨剤で歯の表面をこすり落としてホワイトニングを目指す歯磨き剤などは、逆に歯の表面を傷つけるのでおすすめできません。

研磨剤を使用していないホワイトニング歯磨き粉を1ヶ月程度使用すれば、歯本来の白さを取り戻すことが出来ますし、使い続けることで歯並びが悪い人でも再び黄ばんでしまうのを防ぐことが出来ると思います。