歯のホワイトニングテープの効果や使い方、メリット、デメリット

こんにちは!歯科衛生士として歯医者に勤めるシホです。

本記事では、2000年頃からホワイトニング大国アメリカで販売されているホワイトニングテープ「3Dホワイトストリップス」について解説します。

日本ではあまり知られていませんでしたが、フィギュアスケートの村上大介さんが使っていることで一時期話題になりました。

この商品は、日本国内では、薬事法により認可されていませんので販売は違法です。どうしても購入したい場合は個人で自己責任のもと海外から輸入することが必要です。

 

歯へのダメージのない安全なホワイトニングは、ホワイトニング歯磨き粉の使用がおすすめです。

下記の記事で、歯科衛生士の観点からホワイトニング効果の高い歯磨き粉ランキングを紹介していますので参考にしてみてください。

参考:歯科衛生士が選ぶ「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」ランキング

クレスト3Dホワイトストリップスとは?商品特徴や料金について

クレスト3dホワイト ストリップス

メーカー開発Crest.co(販売 Procter & Gamble)
商品名Crest 3D White Whitestrips

※厚生省による薬事法で禁止成分が配合されているため日本では市販されていない。

容量上下顎テープが各商品の使用日数分
成分PVP, PEG-8, Water, Hydrogen Peroxide, Acrylates Copolymer,
Sodium Hydroxide, Sodium Saccharin.※日本では薬事法で認可されていない、
劇薬のオキシドール(過酸化水素)が配合されているので要注意

クレスト3Dのホワイトニングテープには2017年1月時点で下記8種類の商品が販売されています。
(1$ ≒ 110円)

  • Whitestrips Classic Vivid:$27.99
    1日30分10日間の使用でホワイトニング効果が実感できるスタンダート商品
  •  Whitestrips with Light:$99.9
    テープ使用中に同封のLEDブルーライトを当てることで従来の2倍のホワイトニング効果がある
  •  Monthly Whitening Boost Whitestrips:$49.9
    月に1回使用して歯の白さをキープするための商品
  • Luxe Professional Effects Whitestrips:$64.9
    歯科医が使用しているホワイトニング成分を使用した商品。1日1回の使用で3日で白さを実感、20日で最高の白さに出来る
  • Luxe Supreme FlexFit Whitestrips:$44.9
    歯への密着を強化した種類で、歯並びが良くない人にも使用可能。500ドルかかるレーザーホワイトニングと同程度の白さを1日1時間21日間の使用で実現する。
  • Whitestrips 1-Hour Express:$39.9
    わずか1日1時間7日間の使用でホワイトニング効果を実感できる商品。
  • Luxe Glamorous White Whitestrips
    1日30分14日間の使用で、ホワイトニング歯磨き剤を4週間使う25倍のホワイトニング効果がある商品。
  • Whitestrips Gentle Routine
    知覚過敏で歯のホワイトニングに痛みを感じる人にも痛みを感じにくい商品。

 

いずれの商品も過酸化水素が配合されていて、テープ状になっており歯に貼り付けるだけでよいので使い方はとても簡単です。

過酸化水素の濃度は10%と比較的高濃度ですのでホワイトニング効果はあるのですが、薬事法では6%以上になると劇薬指定なので一般の人が購入することはできません。

クレスト3Dホワイトストリップス使用方法

クレスト3dホワイト ストリップス

  1. 歯磨きをする
  2. フィルムを剥がして歯に貼り付ける。歯茎につかないように、はみ出す部分は折り返す。(長い方は上の歯用、短い方は下の歯用)
  3. 指定の時間そのままにしておく。プロフェッショナルエフェクトでは30分程度、ワンアワーエクスプレスストリップスでは1時間程度。
  4. テープを外してよくうがいをして薬剤を落とす。

※Whitestrips with Lightは、ブルーライト照射器が同封されているモデルで、テープを貼っている間に照射器で歯にライトを当てます。ライトによる熱で、オキシドールの化学変化を促進してより高いホワイトニング効果があります。

 

クレスト3Dホワイトストリップスのホワイトニング効果

3Dホワイトストリップスには、10%と高濃度の過酸化水素が含まれています。

日本国内の歯科医院で受けるオフィスホワイトニングでは30~35%、ホームホワイトニングでは3~5%と言われているのでその中間くらいの濃度になります。

日本の薬事法では6%を超えると劇物指定され一般に購入はできません。

高濃度の過酸化水素を粘着力の強いテープで歯に接着するため、ホワイトニング効果が期待できますが、漂白剤による歯へのダメージがあり、虫歯になりやすくなる、今後着色しやすくなります。使用は自己責任のもと行ってください。

ホワイトニング効果が出るまでの期間

プロフェッショナルエフェクトは1箱に20回分入っており、1日1回30分×20日間、または1日2回使用すれば10日で完了します。3日目以降から徐々に効果を実感し始める方が多いようです。

ワンアワーエクスプレスストリップスは1箱に4回分入っており、60分×3日程度から効果を実感できる人が多いようです。

ホワイトニング効果の持続期間

プロフェッショナルエフェクツは12ヶ月程度効果が持続するとされています。

ワンアワーエクスプレスストリップスは3ヶ月程度持続するとされています。

ただしこれらの効果持続期間は、食生活や嗜好、習慣などで個人差があります。

またオキシドールによって歯の表面の構造が変化し、使うほど着色しやすくなるので効果持続期間は短くなるでしょう。

3Dホワイトストリップスのメリット

アメリカでポピュラーなホワイトニング商品である3Dホワイトストリップスのメリットを、他のホワイトニング法と比較してピックアップしてみます。

  • 歯医者のホワイトニングよりも低価格
  • 効果が出るのが早い
  • 使用法が簡単
  • 自宅で出来てホワイトニング効果が出る

3Dホワイトストリップスのデメリット

日本では販売の認可がおりていないことからもデメリットがあることを忘れてはいけません。

基本的には、オキシドール(過酸化水素)を使用したホワイトニングですので、歯医者のホワイトニングと同じデメリットがあります。

  • 歯茎の刺激があるので使用に注意が必要(歯周病・歯槽膿漏の人は絶対に使用しないこと)
  • 痛み(しみる)を感じるケースが多い
  • 今後、虫歯になりやすく、着色しやすくなる
  • 均一に白くならずにまだらに白くなってしまうことがある

中には安易に使ったために炎症や痛みが起こる人もいますので、使用には十分注意が必要です。

尚、無カタラーゼ症の人は禁忌症となるため絶対に使用してはいけません。過酸化水素が分解できないため、有害物質として体内に残ってしまい、進行性口腔壊死などの危険な症状を招く恐れがあります。

ホワイトニングテープ使用上の注意点

Crest White Stripsだけでなく他のホワイトニングテープにも言える使用上の注意点が、

「長時間、着けすぎないこと」

薬剤自体は歯にダメージのあるものですので、長時間着けると歯を本当に痛めます。

また歯茎・歯肉にも悪影響を与え、歯肉炎や歯槽膿漏の原因にもなります。

テープを着けて寝っ転がると、ついついそのままうたた寝してしまい、気がついたら数時間経っていた。

なんてことが絶対にないように注意してください。

実際にネットの口コミでも、長時間着けて異常がでた人もいるようです。

クレスト3Dホワイトの1HR EXPRESSを付けて仰向けに寝て
眠っちゃったらいけないのでアラーム掛けてたのにぶっちぎって
3時間後に目を覚ました。
次の日下の歯の根元あたりが全体的に(前4本位?)知覚過敏になって
シュミテクト塗ったりとか効くかわからないけどデントヘルスの塗るやつとか
塗ってロキソニン昼と夜飲んだ。

 

3Dホワイトストリップスはこんな人にオススメ

自宅で簡単に確実に白くなる効果を求めるなら、とても便利な商品です。

3Dホワイトストリップスはこんな人にオススメです。

  • 歯科医院に通う時間がない人
  • 低価格で確実に白くしたい人
  • 知覚過敏や歯茎の炎症などがなく健康な口腔内の人

オキシドールを使用しないホワイトニングをまずは検討してください

繰り返しになりますが、Crestホワイトニングテープや歯医者のホワイトニングはオキシドールを使用するため、個人的には一本限りの永久歯に使うことはオススメできません。

オキシドールを使わずに、安価に安全にホワイトニング効果を得るなら、ホワイトニング歯磨き粉をオススメしたいです。

歯科衛生士の観点と実際に使用してみた体験から、歯のホワイトニング効果の高い歯磨き粉ランキングを紹介していますので参考にしてみてください。

ホワイトニング歯磨き粉ランキング

⇒歯科衛生士が選ぶ「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」ランキング