歯科や美容サロンでのホワイトニングは歯がもろく、弱くなる?

生活習慣の影響による着色や生まれつきの歯の色から、自分の歯が黄色いと感じてホワイトニングをしようか考えたことがある人もいると思います。

『ホワイトニング』と一言で言っても、歯医者や美容サロンで行うホワイトニング施術から、ホワイトニング歯磨き粉やジェルによるホワイトニングがあります。

歯医者や美容サロンでのホワイトニングは、歯が白くなると効果は言われているもののデメリットとして「歯がもろくなる」「歯が弱くなる」と言われたりもします。

そのあたりについて歯科衛生士としての観点から解説していきます。

歯医者の『ホワイトニング』で歯が白くなる理由

歯の構造、エナメル質と象牙質

まずは、なぜ歯医者で行われる『ホワイトニング』で歯が白くなるのかを説明したいと思います。

2つの理由があります。

歯のエナメル質についた着色を無色透明にする

歯は層になっていて一番外側の表面に無色透明な「エナメル質」があり、内側に黄色っぽい「象牙質」があります。

普段歯を見る時は「エナメル質」が透けて象牙質の色が少し見えているため歯は元々若干、薄く黄色く見えるのが正常です。
しかし普段の生活のなかで、このエナメル質に着色が起きて黄ばんだり黒くなってしまいます。

 

歯医者の『ホワイトニング』で使う材料には過酸化尿素や過酸化水素といった成分が含まれた薬剤を使用します。

この成分は、高温になると分解し酸素と水に変化します。

施術では、薬剤を歯に塗った後に、青い光を当てて温度をあげて高温にしていきます。
その時に発生する酸素が、歯の表面を覆っている「エナメル質」に着色した色素と結びつき一緒に分解されることによって無色透明にしてくれるのです。

エナメル質の構造を変化させて象牙質を透けて見えなくする

エナメル質の構造を変化させて象牙質を透けて見えなくする

エナメル質が透けて象牙質が見えるため、もともとの歯は少し黄色みがあります。
歯医者のホワイトニングは象牙質を透けて見えないようにするため、もともとの歯の色よりも白くすることができます。

具体的には、過酸化水素や過酸化尿素で「エナメル質」の分子構造を変化させることで、エナメル質が透けないようにします。過酸化水素による反応により、エナメル質の表面構造を角状から球状に変化させます。

構造が球状になると外から当たった光は色々な方向に乱反射しますので、外から中が透けて見えないようになります。ちょうど、すりガラスのような感じですね。「マスキング効果」とも言われます。

 

『ホワイトニング』をすると歯が弱くなってしまうのか

ホワイトニング施術の痛みについて

『ホワイトニング』の施術中や終わった後に痛みが出たという患者様からの話をよく聞きます。

歯は層になっていて歯の神経を守るようにエナメル質と象牙質があり神経を保護しています。
ただ歯医者や美容サロンでのホワイトニングは、液体の薬剤を浸透させていく以上、どうしても過酸化水素が象牙質まで到達してしまうのは防げません。

特に、普段から力強く歯を磨いたり、磨き残しの酸が原因で、エナメル質が削れていたり薄くなっている場合、象牙質に多くの薬剤が浸透するため神経に近く痛みが生じます。

一過性の痛みなのでそこまで心配になる必要はありませんが、エナメル質の傷は非常に細かくて肉眼では見えない場合も多いので、施術してみないと痛みが出るかわからない場合も多いです。

既に知覚過敏がある方は、ほとんどの場合、痛みが出るでしょう。

 

歯医者のホワイトニング施術によって歯が弱くもろくなる?

ホワイトニングの歯のダメージは、髪のブリーチに似ている

薬剤は歯を白くするためにエナメル質や象牙質に働きかけるものの、歯そのものが弱くなったり、もろくなったりすることはありません。

ただ、過酸化水素を使用したホワイトニングは、髪の毛のブリーチと基本的に同じ過酸化水素による脱色です。
髪のブリーチは、上記の写真のビフォーアフターのように髪の毛と頭皮へのダメージが結構あります。

髪の毛というのはたった10本で1.5リットルのペットボトルを持ち上げられるほど、実は身体の中でも非常に硬い組織です。
そんな髪の毛にも結構なダメージを与えてしまうのが過酸化水素・過酸化尿素による脱色です。

歯のホワイトニングも同様。過酸化水素による脱色は、歯の表面を脱灰させて、色素沈着がしやすく虫歯になりやすい歯にしてしまいます。

髪の毛と違って生え変わりがしないのが歯ですので、よくよく考えてからホワイトニング施術を受けることを決めましょう。

 『ホワイトニング』をする前と終わった後で気を付けること

少しでも『ホワイトニング』を痛みや違和感がない状態で進めたい方へ事前に気を付けてほしいことと、ホワイトニング施術後に気を付けてほしいことがあります。

☆施術前

今まで磨いた気がしない…と硬めのブラシでゴシゴシ歯を磨いている方は、エナメル質を削ってしまうので今すぐにやめましょう!

「摩耗」と言って歯がしみやすくなる原因の一つです。

柔らかめ~普通のブラシを使い微振動を与えるように細かくブラシを当てるだけでも十分に磨け、歯にダメージを与えません。

音波歯ブラシを使用している人も要注意です。
説明書に記載されているとおり、上下それぞれ1分以上の歯磨きはしないようにしましょう。

 

☆施術後

これは施術が始まってから気を付けてほしいことなのですが『ホワイトニング』を始めると濃い色の食べ物や飲み物は避けなければいけません。

特に施術当日は、歯の脱灰によって色が付きやすくなっているためコーヒーやタバコ、ワインなどは絶対にダメです。
当日だけでなく施術効果を上げるためにも施術完了までは色の付きやすいものはやめましょう。

また、歯医者でのホワイトニングの持続効果は半年〜1年程度で、普通に生活をしているとやはりまた着色していってしまいます。

ずっと歯の白さを維持していくためには、ホワイトニング効果のある成分を含んだホワイトニング歯磨き粉を使用するのがおすすめです。