歯のホワイトニングサロンの解説。メリット、デメリットや相場価格

最近になって、街中で歯のホワイトニングサロンという看板を見かけたことはないでしょうか?
実はこの、歯医者ではない歯のホワイトニングサロン数が最近増えてきているのです。

審美歯科治療として歯科医院で使われるものとは違って、免許や資格がなくても施術できるホワイトニングとして、最近エステサロンなどでも導入されたり、ホワイトニング専門のサロンも登場しています。

歯科衛生士の観点から、ホワイトニングサロンの効果やメリット・デメリットを解説していきます。

美容エステのセルフホワイトニングの施術方法や効果メカニズム

美容エステのセルフホワイトニングの施術方法や効果メカニズム

歯科医院で行うホワイトニングは、劇薬である高濃度の過酸化水素を使用した歯の漂白ですので、歯科医の監督のもとで施術をする必要があります。

一方で、歯科免許を持たない美容エステのホワイトニング剤は、二酸化チタンやポリリン酸などの安全な薬品を使って行います。

口腔化粧品の分類となっているこれらの二酸化チタンやポリリン酸を歯面に塗布し、LED光を当てて反応させて着色汚れを浮き上がらせて除去します。

市販されているホワイトニング歯磨き粉などにも含まれている成分なので副作用もないことが認められていて資格のない人でも使用できるとされています。

なぜセルフホワイトニングと呼ばれるのか

他人の口の中(腔内)に対して施術をすることができるのは「歯科医師と歯科衛生士のみ」と、日本の法律によって決められています。

そのため、歯科免許や歯科衛生士免許を持たない美容サロンやホワイトニングサロンでは、利用客側が説明を受けて自分で施術を行うことで法律をくぐり抜けているのが現状です。

自分で施術を行うのでセルフホワイトニングと呼ばれているというわけです。

施術方法

  1. カウンセリング
  2. ホワイトニング効果が期待できる成分を含んだ歯磨き粉を使用してブラッシング
  3. 鏡などで歯のシェード(色合い)を確認
  4. 薬剤を自分で歯面に塗布
  5. LED光の機械を自分で操作して、歯に光を照射
  6. 約3回程度繰り返す
  7. 歯磨きをして 終了

効果のメカニズム

使われる二酸化チタンやポリリン酸は、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルにも含まれている人体に安全な成分です。

歯を漂白するのではなく、歯の外側のエナメル質に付着している色素沈着や黄ばみを浮き上がらせる効果に優れています。

エステサロンのセルフホワイトニングの効果

オフィスホワイトニングのホワイトニング効果について

 

美容エステやホワイトニングバーで行われているセルフホワイトニングは、歯の色そのものを元々の色より白くする目的ではありません。

歯面に付着した黄ばみ成分や着色を浮き上がらせて除去する効果が期待できるため、その人の本来の歯の色に戻すといったニュアンスと考えるのが妥当です。

上図のシェードガイドでいうと、人によっては1~2トーン程度明るくなったように感じる人もいますので、効果の満足感は高いでしょう。

ただ、エステのホワイトニングは1回でなかなか効果が出ないため複数回繰り返す必要があります。

しかも1ヶ月程度で元の色合いに戻ってしまう場合もありますので、月1回程度のペースで繰り返すことが必要です。

 

美容エステの歯のホワイトニング料金相場

長期的にみればオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの方がコスパは高いといえるかもしれません。

過酸化水素を使用しないので副作用もほとんどありませんし、痛みが出ることもありません。

施術方法も簡単なので買い物帰りに立ち寄る人もいるほどです。

気になる費用の相場は、上下の歯全てに施術をして、

1回:3,000~5,000円程度です。

2~5万円のオフィスホワイトニングと比較すると非常に安価です。

 

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの比較まとめ

美容サロン
セルフホワイトニング
歯科医院
オフィスホワイトニング
ホワイトニング効果
効果持続1ヶ月6ヶ月
歯へのダメージ
施術中の痛み
料金/1回 3,000~5,000円2~5万円
安全性

サロンのホワイトニングは、ホワイトニング効果はオフィスホワイトニングに劣るものの、歯へのダメージが無いので、虫歯になりやすくなったり、知覚過敏になったり、着色しやすくなったりはしません。

また、料金もオフィスホワイトニングよりかなり安価ですので、手軽に試すことが出来ます。

ただ、ネックなのは効果が1ヶ月程度しか保たないことと、歯科免許を持たない施術なので安全性が未知数なことです。

 

そこでオススメしたいのは、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを使った自宅でのホワイトニングです。

ホワイトニングサロンや美容エステと同じ着色除去の薬剤成分が配合されている上に、毎日自宅で使用することが出来るので、ホワイトニング効果や効果持続期間を考えるとかなりお得な方法になります。

サロンでのホワイトニングを検討するのであれば、ホワイトニング用歯磨き粉の購入を検討することをオススメします。