「colgate オプティックホワイト」の成分とホワイトニング効果、評判・口コミ

こんにちは!歯科衛生士のシホです。

今回は、ドラッグストアやAmazonなどでも見かける、ホワイトニング歯磨き粉「colgate オプティックホワイト」のホワイトニング効果についてレビューしていきます。

 

効果の高いホワイトニング歯磨き粉は下記の記事で紹介しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

⇒歯科衛生士が選ぶ「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」ランキング

colgate オプティックホワイトの特徴や成分

販売Colgate-Palmolive Company
商品名colgate オプティックホワイト
容量1本100g 約1ヶ月分
成分hydrogen peroxide(過酸化水素)
Sodium Monofluorophosphate(フッ素)
calcium pyrophosphate(ピロリン酸Ca)
tetrasodium pyrophosphate(ピロリン酸Na)
PEG/PPG-116/66
PEG-12
PVP
silica
価格1,500円(海外送料別)

【商品特徴】

 

Colgateオプティックホワイトは、アメリカ企業Colgate-Palmolive.coが販売を行うホワイトニング歯磨き粉です。

hydrogen peroxide(過酸化水素)という日本の薬事法では劇薬指定の漂白剤が配合されているため日本では販売されていません。

過酸化水素は、歯医者のホワイトニングでも使用される漂白剤で、歯みがき中に酸素に反応してエナメル質や象牙質の色素を脱色ブリーチします。

また、フッ素が配合されているため、虫歯予防効果があります。

ピロリン酸NaやPEG-116,12が配合されており、歯面のステインを除去する効果もあります。

Silica(シリカ)という研磨剤が配合されています。

Amazonなどの並行輸入品に要注意

Amazonなどの並行輸入品に要注意

Amazonなどで検索をすると、Colgate Optic WHITEの並行輸入品が販売されています。

こちらは前述の通り、日本での販売は法律で禁止されている危険な成分を含む商品ですので注意してください。

過酸化水素や過酸化尿素が含まれているため、歯にダメージがあり、虫歯になりやすくなる、着色しやすい歯になるといった大きなデメリットがあります。

日本のAmazonで購入しているからといって日本の薬事法でOKが出ているわけではないので、その点を理解した上で購入をしないと、知らず知らずのうちに使用を続けて歯を痛めているケースがあります。

 

colgate オプティックホワイトの使用方法

colgate オプティックホワイトはペースト状の歯磨き粉ですので、普通の歯磨き粉と同様に歯ブラシにとって磨くだけです。

研磨剤が使用されているので電動歯ブラシとの併用はエナメル質を傷つけますので止めておきましょう。

 

colgate オプティックホワイトの口コミ・評判、アットコスメでの口コミは?

「colgate オプティックホワイト」は、日本の薬事法では販売禁止なのでアットコスメなどでは口コミが見つかりませんでした。

一部で過酸化水素を使用した歯の漂白を勧めるサイトなどでは口コミレビューが掲載されていますが、どれもステマ感があったためここでは掲載をしません。

colgate オプティックホワイトはこんな人にオススメです

過酸化水素・過酸化尿素を使用したホワイトニングは、歯のダメージが残り、着色しやすくなる、虫歯になりやすくなるといったデメリットがあるため、本サイトではオススメしていません。

 

ホワイトニング効果の高い歯磨き粉をお探しの方は下記の記事を参考にしてみてください。

⇒歯科衛生士が選ぶ「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」ランキング